井上重久公式HP TOP プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2019年11月17日(日)「福田校区OB会グランドゴルフ大会」!

三菱重工労組長船支部福田校区OB会(原伸一OB会長)は、1116日(土)10時から長崎サンセットマリーナにおいて会員同士の親睦と交流を図ることを目的に「福田校区OB会第7回グランドゴルフ大会」を開催した。開会式では、原会長より「統一地方選挙に対するお礼、会長を拝命し始めての行事であり、プレーを楽しみながら親睦・交流を深めよう」、山崎西部ブロック担当執行委員・河辺校区長より「校区組織もOBに支えられ活動を進めており、今後ともよろしくお願いする」、私より「統一地方選挙における4回目の当選のお礼、今後とも地域・組織の課題など改善・解決していきたい」との挨拶が行われた。

また、来賓では、長崎三菱信用組合木鉢支店の松崎支店長、福田校区市田事務局長がグランドゴルフ大会に出席していた。開会式終了後、一斉にプレーを開始。定期的にグランドゴルフをしている人は、それぞれが上手くバーディーが続き、私も初のホールインワンを2回達成しビックリした。表彰式の成績発表では、同チームの波治さんが優勝、私も3位に入りホールインワン賞も頂いた。ホールインワンは10数名が達成、レベルの高いプレーとなっていた。朝夕の冷え込みを考え、肌着も長袖・ステテコも着用したが、プレー中は温かくジャンバーを脱いで、グランドゴルフを楽しんだ。

2019年11月16日(土)「市民防火のつどい・婦人防火クラブ」!

長崎市消防局・長崎市婦人防火クラブ連絡協議会等は、1115日(金)13時から長崎ブリックホールにおいて約1,000名の参加のもと「第51回市民防火のつどい・令和元年婦人防火クラブ長崎地区大会」を開催、婦人防火クラブ連絡協議会長より防火宣言の後、ブライアン・バークガフニ氏(長崎総合科学大学教授)より「長崎の和華蘭文化に学ぶ」のテーマのもと講演があった。開会冒頭、北村消防局次長より「集中豪雨・台風の影響など地域の生活圏を脅かす災害が発生している。自助・共助、地域の事は地域で守る、婦人防火クラブとの連携は必要不可欠であり、今後とものご支援・ご協力をお願いする」との開会の言葉が述べられ、武田副市長より「地域防災の要である婦人防火クラブに対しての日頃のお礼、災害に強い地域コミュニティづくりに取り組む。斜面地が多い長崎では災害に対する備えが大切で防災意識を高めよう」との挨拶があった。

来賓挨拶では、日本防火防災協会事務局長より「いつどこで何があるか分からない、地域防災の担い手として婦人防火クラブは大きな役割を果たしている」、梅原市議会副議長より「行政と議会が一体となり防災・防火の啓発に努める」など祝辞が述べられた。その後、火災予防に功労のあった婦人防火クラブに「安全功労者内閣総理大臣表彰(団体)「愛宕地区婦人防火クラブ」への伝達が行なわれ、婦人防火クラブ会長在職30年・20年・10年の対象者に対し、長崎市消防局次長より表彰状・記念品が贈呈された。「市民防火のつどい」は、火災予防の重要な役割を果たしている婦人防火クラブを主体に、市民防火組織の構成員が一堂に会し、防火意識の高揚と会員相互の連帯意識を深め、火災のない安全で安心な住みよいまちづくりを目指すもの。秋も深まり本格的な冬を迎える時期となり、ストーブ等を扱う機会が増えて来ますので、お互い火の取り扱いには十分注意したいものです。

2019年11月15日(金)「冷え込みが深まる中で・・・」!

朝夕の冷え込みが深まる中、支援労組・団体等へ9月定例会のレポート「井上重久だより」の配布を11月13日に終えた。今回の「井上重久だより」は、10月24日から配布したが、全国市議会議長会研究フォーラム、支援労組の定期大会、大浜稲荷神社秋季大祭、葬儀参列、決算委員会、各種イベント・行事、各種会議、交流・懇親会などと重複したため配布が遅くなった。先週から今週にかけて、交流・懇親会も断続的に開かれ、夜の外出時の冷え込みが続き、今日からはコート着用で出席したい。写真は11月13に長崎港松が枝岸壁に寄港した「コスタ・セレーナ(11万4,000㌧、乗客乗員約4,800人)」、客室の灯りに魅かれシャッターを切った。