井上重久公式HP TOP フェイスブック プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2017年3月24日(金)「政策要求に反映された」主な予算!

長崎市議会市民クラブ(五輪清隆団長)は、さる2月9日「平成29年度政策要求の回答」を受けた。その政策要求に対し、平成29年度当初予算に反映された項目(ものづくり産業への行政支援は3月6日掲載したので除く)を一部掲載する。先ず、端島(軍艦島)の整備については?長崎市の財政状況も考慮し、護岸遺構と擁壁遺構は健全な状態を維持し、生産施設遺構及び居住施設遺構は優先順位を付けて整備する。これに要する経費は、108億円2千万円が見込まれ、専門家で組織する「高島炭鉱整備活用委員会」から助言・指導を受け、国や県から意見を頂きながら「修復・整備活用計画」の策定を進めている。29年度予算では、端島炭鉱70号棟下部で土砂が吸い出され空洞化している部分の埋戻し工事費に6,680万円、世界遺産委員会における勧告への対応、構成資産の保護措置及び世界遺産価値の理解促進を進める「明治日本の産業革命遺産」推進費4,819万4千円が計上された。

次に、住宅リフォーム助成制度を継続して充実を図ることについては?長崎市では、民間住宅の質の向上と長寿命化の促進、市内施工業者への受注機会を増やし経済活性化を図る目的で、緊急経済対策として平成23年2月から補助を行っている。平成29年度は、施工業者の売り上げに効果があり、住宅の居住環境の改善、若手技能者の育成と技術の継承を目的として、ながさき住みよ家リフォーム補助金9,668万1千円(補助率1/10限度額10万円)、浴室や便所のバリアフリーなど住宅の性能向を目的とした住宅性能向上リフォーム補助金3,000万円(補助率1/5限度額10万円)が事業化されている。

また、安心して子どもを産める環境づくりと健全な子どもを育てる社会づくりの推進に努めることについては?子育ての経済負担を軽減するため、平成28年4月から子ども医療費に対する助成の対象を乳幼児から小学校卒業までに拡大し、入院については平成29年10月から中学校卒業まで助成対象を拡大する子ども医療対策費8億570万円、民間保育所等施設型給付費(保育所・多子世帯保育料軽減の拡大))89億4,962万1千円、企業立地促進のための奨励制度及び長崎県と連携した企業誘致活動を展開する企業立地推進費16億9,163万3千円など計上された。

2017年3月23日(木)MHPS「井上大仁選手日本代表」!

世界陸上選手権(8月・ロンドン)の男子マラソンに日本代表に決まった三菱日立パワーシステムズ(MHPS)マラソン部の井上大仁(ひろと)選手は、322日(水)伊藤部長、黒木監督とともに田上市長を表敬訪問し、井上選手より「世界トップの選手が集う大会で臆することなく、しっかり勝負してメダル争いに絡みたい」と報告があった。田上市長より「東京マラソンでの健闘をたたえるとともに、ニューイヤー駅伝では4位入賞を果たし元旦から明るいニュースを届けてもらっている。夏も思い切り,伸び伸び走ってきて」と激励した。井上選手は、諫早市飯盛町出身で鎮西学院高・山梨学院大学を経て、三菱重工㈱長崎造船所に入社、現在は三菱日立パワーシステムズ(MHPS)に所属し現在に至っている。“世界で走りたい”子どもの頃からの夢を叶えようとしている。

また、MHPSマラソン部は、創部34年で3つの目標を定めこん日まで練習を積んで来た。一点目は九州実業団大会で3位入賞を果たすこととし昨年優勝した。二点目はニューイヤー駅伝で8位入賞を果たすこととし4位入賞を果たした。三点目はマラソンで日本代表を出すことで練習を積み、2月の東京マラソンで井上大仁(ひろと)選手が、日本勢トップとなる2時間822秒で8位となり、2017世界陸上選手権大会の日本代表に選出された。世界選手権のマラソンは86日開催、井上選手は4月にコースを試走して5月から本格的に走り込み、730日に現地に向けて出発する予定。ニューイヤー駅伝に続き、長崎に明るい話題、夢や希望を提供してくれた。世界選手権での活躍、3年後の東京五輪へ大きく飛躍することを期待する。

2017年3月22日(水)「当初予算案に対する討論」概要!

朝夕の冷え込みはあるが、東京では3月21日桜(ソメイヨシノ)が開花したとのニュースが流れていた。卒業・入学、就職・人事異動などのシーズンを迎え、慌ただしい日々とともに春の訪れを感じる。長崎市議会も3月16日閉会、第9号議案平成29年度長崎市一般会計予算について、賛成の立場から意見を述べたので概要(行政サテライト再編部分は3月15日にアップしたので除く)を掲載する。先ず、第10款教育費「小中学校適正配置推進費」については、少子化の進行が見込まれるなかで、学校での教育活動の効果を高め、子ども達の教育環境を整備するもの。本事業を進めるうえでは、長崎市立学校通学審議会が市に提出した「長崎市立小学校・中学校における規模の適正化と適正配置の基本方針(案)」についての答申を尊重し、対象地区においては保護者や地域住民と十分な協議を行って、対応されるようお願いする。

第2款総務費「がんばらんば長崎市応援寄附推進費」については、謝礼品の中には人気がある謝礼品もあれば、不人気な謝礼品もある。寄附額の増加を図るというのであれば、定期的に謝礼品の見直しを行い、魅力ある謝礼品にしていくよう検討願う。8款住宅費「長﨑すみよ家リフォーム補助金」については、平成28年度予算1億4千万円であったのに対し、平成29年度の予算計上は9千6百万円に減額されている。毎年、100%の執行率、しかも年度途中で補助金が底をつくほど、市民ニーズが高い現状にあり、経済効果は14倍以上、建設業界で最重要課題となっている、若手建設技能者の育成に大きな効果がある。長崎市が抱える課題の解決に資する施策であり、住宅リフォーム助成制度は拡大すべきで、減額すべきでは無い。平成29年度、早い時期に予算が尽きるようであれば、補正を組むことも視野に入れて取り組みを進めるよう要望し、賛成討論とした。