井上重久公式HP TOP フェイスブック プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2019年4月24日(水)「鶴寿会合同総会、当選証書付与式」!

大浜町東西鶴寿会は、423日(火)1030分から会員76名が出席して「2019年度東西鶴寿会合同総会」を開催、私も大浜町自治会長として総会に出席した。老人会のメンバーは東鶴寿会62名、西鶴寿会59名、主な事業は廃品回収活動やグランドゴルフ、刺し子、花づくり会、日帰り旅行などを通じて親睦交流を図っている。総会では、田中(西鶴寿会)・森(東鶴寿会)両会長より「会員減少が進み新規加入を進める必要がある。楽しめる、魅力あるものにすることが大事で、生きがいづくり・仲間づくり・健康づくりに努める」との挨拶があった。その後、事業経過・会計報告、役員案、事業計画案・予算案が提案され満場一致確認された。また、大浜町公園で花いっぱい運動を続けている「花作り会」に対し、グリーンキャンペーンの中で「緑化功労賞」を受けた報告があった。

次に、長崎市選挙管理委員会は、423日(火)14時から長崎市議会議場において市長選で当選した田上市長と市議選で選ばれた40人に対する「当選証書付与式」を行った。当選証書付与後、長崎市選挙管理委員会國広達夫委員長より「少子化・人口減少の中で、市民から期待される市政運営に努め、希望を持ち安心して暮らしていける長崎にしてほしい」との挨拶があった。私も4回目の当選証書を受け取り、選挙戦で訴えた5本の基本政策の実現に向けて、市民の期待に応えるべき「活力あふれる住みよい長崎!」づくりに努め、継続した活動を続けることを決意するとともに、関係者の皆様に感謝申し上げる。初議会に向けての打合せ会(全員協議会)は、57日(火)午前10時から開催される。

2019年4月23日(火)「市議選のご支援・ご協力に感謝」!

三菱重工G労連長崎地区本部は、422日(月)18時から労働会館(水の浦町)において第25回委員会を開催した。委員会では、市議会議員・町議会議員選挙結果の報告、酒井執行委員長より「組織内候補者の全員当選を果たし、寝食を忘れ休日返上で頑張ってくれた選挙スタッフ、機関人や関係者に対する感謝とお礼。今後、地域社会の発展に寄与するとともに、政治活動への理解を深め、参議院選挙に繋げて行きたい」との挨拶があった。委員会では、私も含め組織内候補者7名(市議4名、町議3名)も出席しお礼の挨拶を行った。組合員をはじめ、長船OB会・支援労組・支援団体など、こん日まで長い間ご支援・ご協力を頂きました関係者の皆様に改めて感謝とお礼を申し上げる。

2019年4月22日(月)支援団体・労組・地域力で「V4達成」!

421日(日)即日開票された長崎市議会議員選挙は、22日未明までに40名の新議員が決まった。定数40名に45名が立候補、少数激戦のなかで投票率は長崎市選挙区で47.33%(前回45.77%))の投票率となった。私の4回目の戦いは、事前準備不足、組織人員の大幅減少、出身会社の操業不足、県議新人候補への支援活動、校区組織の連携が懸念されるなど、厳しい状況をはねのけ3,806票を獲得し「井上重久V4」を達成した。しかしながら、従来の組織型選挙の検討、候補者擁立に向けた在り方、事前・本番行動計画、校区組織の日常活動など、今後、十分な検証が必要と感じた。

厳しい状況での勝利は、支援団体・労組による組織の力、地域組織の力、私を個人的に支えて頂いている支援者の力が結集し、その力が大きな結束力となり勝利に繋がったものと思う。これまで候補者の神輿を担ぎ、神輿に乗った選挙は20数回経験したが、今回の選挙が一番厳しかった。今後、働くものの代表、地域の代表として「活力あふれる住みよい長崎」「安心・安全なまちづくり」を目指し、皆様の期待に応えるべく継続した活動で「基本政策の実現」を図る必要がある。支援を頂きました皆様に感謝申し上げますとともに、今後とものご指導・ご鞭撻をよろしくお願い申しあげます。