井上重久公式HP TOP フェイスブック プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2017年10月21日(土)「西岡秀子最後の訴え・お願い」!

衆議院議員選挙の投票日(22日)を迎え、本日(21日)7時30からホテルニュー長崎付近で県議・市議団、選挙スタッフを含め「西岡秀子朝の挨拶」を行った。西岡秀子候補は、朝の挨拶のあと選挙カーに乗り込み、選挙戦最終日の街宣活動や街頭演説など、最後の訴え、最後のお願いに街宣活動をスタートした。10月10日の公示から12日間の選挙戦、長崎生まれ、長崎育ち、故郷長崎を良くするために「希望ある未来をつくりたい」、「安倍一強体制に歯止めをかける」、「女性の視点で市民の声を国政に反映する」政策や決意を訴えてきた。午後13時30分から浜町アーケード周辺を女性の支援者の皆様ともに「西岡へ力を貸して下さい」と訴え、14時30分から「西岡秀子街頭演説会」を開催し必勝を誓い合った。選挙は投票箱のふたが閉まるまで、西岡後援会・支援労組・団体、西岡を支える支援者ら全員で「西岡秀子支援の声掛け」を図ろう。

2017年10月20日(金)「西岡秀子総決起集会」!

衆議院議員選挙投票まであと3日(19日)、西岡選対・西岡後援会は10月19日18時30分から新地町湊公園において多くの来場者を迎え「西岡秀子総決起集会」を開催した。選対長の高木義明前衆議院議員(元文科相)より「働く者、女性、若者の力を集め、西岡必勝を果たそう」、応援に駆け付けた長浜博行参議院議員(元環境相)より「女性国会議員が少ないとして長崎一区から政治を変えよう」、支援団体を代表して下田祐二連合本部総合総務財政局長より「働く者の代表として国政に送ろう」と呼びかけた。

西岡秀子候補より「ようやく相手候補の背中が見えて来た。大きな権力と組織を持つ安倍政権との戦いだが、恐れることなく最後まで一心に戦う」と決意を述べ、ガンバロー三唱で集会を閉じた。投票日まで残された期間は2日間、長崎市議会総務決算委員会のため、選挙運動は限られた時間となるが、最後まで「西岡秀子必勝」に向け全力で応援する。最終盤に入り、支援労組・団体など戦う態勢が構築された「期日前投票の呼びかけ」、「投票の働きかけ」など行う必要がある。

2017年10月19日(木)「西岡秀子個人演説会」!

衆議院議員選挙投票まであと4日(18日)、西岡秀子候補は街宣カーに乗車してスポット街頭演説を行いながら、長崎生まれ、長崎育ち、ふるさと長崎の想いを訴えた。夕方18時30分から江川マリンスポーツセンターで、19時30分から高浜地区公民館で「西岡秀子個人演説会」を開催、私が担当する高浜地区公民館に17時に会場に入り、会場設営の準備を行った。小雨降るなか多くの来場者を迎え、西岡秀子さんは高木前衆議院議員よりバトンを受けた決意、地方創生の取組み、教育再生に向けた想いなど力強く訴えた。本日から市議会総務委員会決算委員会の審査が始まるが、残された3日間の戦い「西岡秀子さん」を全力で応援する。