井上重久公式HP TOP フェイスブック プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2018年9月21日(金)「長崎市のエアコン設置方針」

長崎市議会定例会(9月議会)における主な事業の概要を掲載する。秋の訪れを感じるなか、今夏の最高気温が35度以上の猛暑日が記録的となった。過去最多となる中で、県内自治体の首長は小中学校へのエアコン設置の見解を示し、一般会計補正予算の中に設計費や設置費などの事業費を計上している。長崎市のエアコン設置については、現在、建て替えを進めている「伊良林小」「仁田佐古小」「外海中」への設置費に加え、ほかの小学校60校と中学校38校での設置に向けた設計費が計上された。市の見解は、一度に全ての小、中学校に設置するのは市内業者の供給面から困難とした上で「高校受験を控えた受験生に早急により良い教育環境を提供したい」として、中学校を最優先に来年6月までに市内の全中学校と小学校の一部(12校)にエアコンを先行設置する方針が示された。

中学校と同じ時期に設置する小学校12校の選び方については、「学校規模や教室内の温度などから検討されたが、合理的な順位付けは困難であり公平を期すため」9月13日に抽選で決定された。なお、厳正を期するため長崎市立中学校校長会会長及び副会長が立ち合いを行った。抽選の結果、平成31年6月までにエアコンの設置を行う学校は、深堀、土井首、山里、日見、川平、畝刈、鳴見台、朝日、高尾、戸石、矢上、茂木小学校となった。残りの小学校は、再来年3月までに設置することになっている。設置対象の教室数は各校の普通教室や理科室、音楽室など合わせて約1450室、総事業費は概算で約43億円となっている。

2018年9月20日(木)「一般国道202号の整備推進」は?

活動の備忘録として残すため、一般質問の概要を掲載する。質問:大浜町から福田本町までの区間、長崎県が現道改良工事を進めているが、工事の進捗状況と完了の見通し、バスベイが設置されていない未整備箇所の対応は?回答:福田地区の幹線道路である一般国道202号は、道路幅員が狭く、大型車の離合がしにくい区間や歩道が十分確保されていない区間、さらにバスベイが設置されていない箇所が残され、交通環境の改善が喫緊の課題となっている。こん日まで一般国道202号(福田バイパス)道路整備促進協議会を中心に、県や国などの関係機関に対し、現道改良の整備促進を働き掛けている。現道の改良策は、これまでに歩道整備が約740m、バスベイ整備が11箇所完了している。現在は、小浦舟津公園前交差点から福田郵便局前交差点の約770mの歩道整備が進められ、この区間における平成29年度末の進捗率は事業費ベースで約61%、用地取得率は約87%となっており、平成34年度の工事完成を目指して整備が進められている。

次に、大浜町から福田本町にかけてバスベイが設置されていない箇所が5箇所残っている。バスベイを設置するには、道路拡幅のための用地取得が大きなポイントであり、地権者の方々のご協力が必要不可欠となる。県においては、現在事業中の福田本町工区の進捗を見極めながら、残る未整備箇所の対応を行うこととしているが、市としても地域の皆様との意志疎通を絶やさず、情報収集に努め県と市が連携を図り、早期完成に向け整備を進める。また、中浦バス停の隣接地において現在解体が行われているとの情報を頂き、市としても直ちに道路管理者である長崎県へ働きかけ、県では土地所有者の方に対し、地元の要望を伝えるとともにバスベイ整備のための協力をお願いしている、今後とも広く情報収集に努め、県と連携を密に行いバスベイの整備が実現するよう必要な対応を取っていく、との回答があった。

2018年9月19日(水)「小榊校区BEERバイキング」!

三菱重工グループ労連長崎地区本部小榊校区(堀江健二校区長)は、9月16日(日)11時30分からセントヒル長崎において組合員・ご家族含めて150名程が参加して小榊校区大型行事「平成30年度小榊校区大型行事BEERバイキングinホテルセントヒル」を開催した。当日は福田本町・立神町自治会の敬老祝賀会のため、時間帯がラップするなかマイカーでの参加となった。開会冒頭、堀江校区長より「昨年は大型行事を開催出来なかったが、昨年の分も含めて福引のなかで豪華賞品を準備している。大いに食べて・飲んで、親睦・交流を図ってほしい」との挨拶があった。大型行事の中で、議会報告会の時間帯も設けられていたが、料理を前に昼食時とも重なっており、議員だより及び広聴会資料を配布し、私より簡単に報告と挨拶を行った。

その後、来春の統一地方選挙における三菱グループ労連地区本部組織内候補として確認された「中村泰輔県議予定候補(38歳)」より自己紹介と立候補にあたっての決意が示され、宮崎副校区長の乾杯でお食事懇親会がスタートした。各テーブルには、参加された家族らが席にすわっていたが、小学校の子ども達が多く、組合員は30歳・40歳代のメンバーが出席され、地域活動における世代交代を痛感した。料理のテーブルには、刺身、揚げ物類(唐揚げ・ウインナー・ポテトなど)、野菜サラダ、焼き飯・カレー、巻き寿司など家族向けの料理が準備され、大いに食べて・飲んで喉を潤していた。会場にはビンゴゲームも準備され、子ども達のみがビンゴゲームに参加、番号がコールされるたびに、ヤッター・残念の声も飛び出し、子ども達は大いにはしゃぎ楽しんでいた。福引抽選会では、各世帯に豪華賞品と参加賞が渡され、和やかな雰囲気の中で大型行事を終えた。