井上重久公式HP TOP フェイスブック プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2017年4月30日(日)「帆船まつり閉幕・GWスタート」!

長崎帆船まつりは、さる420日から24日にかけて長崎港(長崎水辺の森公園・出島ワーフ周辺)において、2000年の日蘭交流400周年を記念して「2017長崎帆船まつり」が開催された。参加帆船は、日本丸(日本・2570トン)、観光丸(日本・353トン)、ドーントレッダー(日本・132トン)、みらいへ(日本・230トン)、 コリアナ(韓国・135トン)の帆船5隻が国内外から長崎港に集結した。まつり期間中は、入港パレード、船内一般公開、観光丸体験クルーズ、セイルドリル(帆船訓練)公開、帆船ライトアップ、打ち上げ花火などで来場者をもてなした。今年の来場者数は約212千人(長崎経済研究所調べ)となった。

帆船まつり閉幕後、今週は24日から26日まで秋田市・盛岡市の行政視察、27日は長崎市監査委員会、2日連続の通夜参列、28日は出身労組の香焼部2団体懇親会、29日はイモレンジャー(農業体験)・玉ねぎ収穫、大浜町自治会役員の歓送迎会と多忙なスケジュールとなった。昨日(29日)からゴールデンウィーク(GW)もスタート、連日の懇親会で少し飲み過ぎているが・・・・・今日は町内会イノシシ対策のワイヤーメッシュ棚を設置することにしている。観光地では、様々なイベントが行われ多くの行楽客で賑わっていると思うが、どこかでゆっくりと休みたい気分となっている。

2017年4月29日(土)イモレンジャー「玉ねぎの収穫」!

福田中学校区青少年育成協議会(井上重久会長)は、4月29日(土)10時より福田本町(今村様借地)の畑で、福田小学校の子どもたちや小学校校長・教頭先生、保護者・役員ら約50名が参加して、第14回イモレンジャー(農業体験)の「玉ねぎの収穫」を行った。昨年11月に植え付けた玉ねぎの苗、今年は黒のビニールシートを使用した効果もあり、すくすく育った大きな玉ねぎに育っていた。収穫前は草がぼうぼうと生い茂っていたが、男性役員が8時に集合し草取りを済ませ子ども達の集合を待った。

10時前にイモレンジャー隊員が集合、開会式では私より「今年の玉ねぎは大きく成長した。一番大きな玉ねぎを収穫して、自宅に持ち帰り美味しく食べよう」と呼びかけ、諸注意の後、子ども達が一斉に玉ねぎを引き抜き、あっという間に収穫は終わった。収穫後、誰が一番大きな玉ねぎを採ったのか、全員で大きさ比べを行いながら子ども達と収穫の喜びを分かち合った。このイモレンジャー、育成協役員及び学校関係者らのご協力で継続出来ている事に感謝申し上げる。平成29年度は、6月10日(土)にイモ苗を植える事にしている。

2017年4月28日(金)稲佐警察署「指定書及び委嘱状交付式」!

稲佐警察署(古田豊署長)は、4月27日(木)14時から同署5階講堂において稲佐警察署管内の福田地区自治会連合会(佐々木春治会長)に対して、犯罪なく3ば運動(稲佐よくし隊)推進モデル地区並びに福田地区高齢社会総合対策重点地区に指定し、「指定書及び委嘱状交付式」を執り行った。交付式では、古田署長より「犯罪なく3ば運動は平成25年から県民の自主防犯意識向上に向けた県民運動として実施されている。稲佐よくし隊運動は平成23年から稲佐警察署管内で取り組みが進められ犯罪を減らすとともに、地域全体で高齢者の安心・安全を守るという機運を醸成する趣旨で取り組みが行われている」との挨拶の後、佐々木連合会長に指定書が交付され、7名の自治会長に対し「福田地区高齢社会総合対策推進委員」として委嘱状が交付された。

犯罪なく3ば運動の骨子は、乗物や住宅等には必ず鍵をかけるという施錠意識の高揚を目的に「カギかけんば運動」、地域における連帯感や絆の醸成・規範意識の向上を目的に「ひと声かけんば運動」、犯罪の起きにくい社会づくりを目的に「見守りせんば運動」とし、手取り組みが推進されている。高齢社会総合対策重点推進地区は、高齢者の割合、高齢に係る事件・事故発生状況等から総合的に判断して、犯罪を一つでも減らす地区として指定され、活動組織の編成を行い推進責任者及び推進委員を中心とした活動を行う。今後、高齢者の実態把握と社会から孤立させないための必要な施策の推進、関係機関・諸団体と連携した情報の共有化、広報啓発活動など取り組む必要がある。