井上重久公式HP TOP プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2019年12月7日(土)「長崎鋼業所労組第31期定期総会」!

基幹労連三菱重工G労連長崎鋼業所労組(杉町健吾執行委員長)は、12月6日(金)17時30分から長崎鋼業所食堂(西泊町町)において来賓・組合員ら約60名が出席して「長崎鋼業所労組第31期定期総会」を開催、私も来賓として大会へ参加した。開会冒頭、杉町執行委員長より「労使交渉では昇給・冬季一時金とも満足できる回答を得た。安全面では休業災害やヒヤリハットも発生し、安全で働きやすい職場環境をつくる必要がある。仕事量は新規案件も少なく工事量は減少するが、厳しい環境を労使一体となって乗り越える必要がある。組合の原点は団結と連携にあり、共に頑張って行こう」との挨拶があった。

来賓挨拶では、吉次長崎地連議長代行より「火力発電事業では少ない案件の受注に苦戦し、サービス工事の確保に努めている。組合として操業確保に向けMHPS社に働きかけている。今春の統一地方選挙では地連推薦候補者が全員当選、参議院選挙では残念な結果になったが次に繋がる選挙となった」、西岡衆議員より「統一地方選挙・参議院選挙や国民民主党に対するご支援・ご協力のお礼」、私より「4回目の当選を果たし、今後とも働く者・地域の代表としてものづくり産業の支援、地域コミュニティの仕組づくり、税金の有効活用などに努めていく」との連帯の挨拶を行った。その後、第30期一般経過報告・決算報告、第31期活動方針・予算に関する件など審議され、満場一致確認された。

2019年12月6日(金)「総務委員会審査始まる」!

長崎市議会総務委員会は、12月5日から長崎市消防団員の任免等に関する条例の一部改正、財産の取得について(拠点避難所用防災資機材)、会計年度任用職員制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例、公の施設の指定管理者の指定について(長崎ブリックホール・諏訪体育館・長崎市民総合プール・健康づくりセンター・高島いやしの湯・三重地区市民センター)、所管事項では長崎市常設型住民投票制度検討審議会の開催等について、(仮称)長崎市行財政改革プラン(素案)など審査を行った。消防団の任免等は、消防団員の確保を図るため、消防団員となるための資格要件として消防団の管轄区域内に勤務又は通学する市外居住者を加えるもの。財産の取得は、拠点避難所(16施設)の整備に係る長期避難者への対応を図るため、組立式シャワー(8組)、非常用発電機(10台)、簡易トイレ(32個)、トイレ間仕切り(32個)など購入することを可決した。

次に、会計年度任用職員制度は、地方公務員法及び地方自治法の一部改正に伴い、一般職の非常勤職員に「会計年度任用職員」制度が導入され、給与・諸手当等の整備、期末手当2.6月分が含まれ、施行日は令和2年4月1日となる。公の施設の指定管理者の指定は、指定管理者候補者選定審査会による審査を踏まえ可決した。所管事項の(仮称)長崎市行財政改革プラン(素案)は、これまでの行政改革において職員数の削減や事業の廃止縮小を進めてきた。また、急速な人口減少や少子化・高齢化の進展に対応するため、地域の主体性、地域コミュニティの仕組みづくりに取り組み、これからは職員数を削減することが目的ではなく、新たな市民サービスの提供、職場環境の改善など、人員や財源などを効率的・効果的に活用する「行政経営」に重点をおいて取り組むこととし、「行政経営プラン」が策定され、令和元年度から5か年間実施される。(写真は12月5日に撮影したコスタ・ベネチア)

2019年12月5日(木)「市政一般質問終わる」!

長崎市議会一般質問は、11月29日から12月4日にかけて16人が登壇、昨日(4日)は4人が登壇し暴力追放「いのちを守る」長崎市民集会の継続についての安心安全なまちづくり、小学生のスマートフォン・SNS使用の考え方、造成団地内の私道や私有地に対する上下水道局の対応、端島(軍艦島)の見学施設についてなど質疑が行われた。本日から各常任委員会の審査が行われ、私の所属する総務委員会では、条例の一部改正について、公の施設の指定管理者の指定について、所管事項では長崎市常設型住民投票制度検討審議会の開催等について、(仮称)長崎市行財政改革プラン(素案)の概要など審査を行う。