井上重久公式HP TOP フェイスブック プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2018年8月15日(水)「イノシシ転落・猛暑日続く」!

稲佐山のふもと大浜町にも数年前から、裏山を掘り起こしての土石の落下による被害や、畑で栽培している野菜や穀物類の被害、住宅地へのイノシシ侵入など物的・精神的被害を受けている。そのような中、初盆参りの途中、携帯電話に「イノシシ転落」の報を受け、大浜町公民館付近の民家に駆け付けた。民家の裏は10mを超える急傾斜地、餌探しなのか?迷ったのか?定かでないが、10数m上から転落したと思われ、身動きは出来ないがまだぴくぴくと動いていた。現場には、福田交番の署員、長崎市有害鳥獣相談センターの職員も駆けつけ,イノシシの動き見極めつつ、対応(処理)をして頂いた。イノシシには大変申し訳ないが・・・・生活していくためには仕方がないことと思いつつ・・ごめんなさい。有害鳥獣の相談は、長崎市有害鳥獣相談センター「ながさき夢ファーム(四杖町)」、電話095-841-0477にお問い合わせ下さい。

次に、8月13日・14日の長崎市内は、今夏最高の猛暑日(35度超)を記録し、最高温度は37度に達していた。今年県内で猛暑日を観測した日数は通算28日となり、熱中症とみられる搬送者も過去最多のペースで推移している。県消防室によると、8月10日午後4時までの県内患者搬送者数は856人。4月30日から9月30日の間で過去最多の926人(2016年)を超えると報じられている。初盆参りを終え、車で親族のお墓参りに出向いていたら、お墓の傍には救急車が出動していた。もしや熱中症かと思いつつ、連日の猛暑日は個々人の体調に大きく影響を及ぼしている。適度な水分・塩分補給、適切な休養に心掛ける必要がある。墓地には親族・知人ら多くの人が故人を偲びお参りを済ませていた。

2018年8月14日(火)「故人を偲び初盆参り」!

お盆を迎えるなか8月12日・13日は、昼前から生前お世話になった親戚・組合員・OB会員宅などへ故人を偲び初盆参りに伺った。議員・日常活動に追われ、最近は実家に帰るのも冠婚葬祭の時だけとなっている。様々な“縁”のなかで、三菱関係者宅では故人を偲びつつ、三菱重工長崎造船所の分社化が行われ、出身職場はどうなっていくのかと案じられていた。挨拶回りや所用で移動する際には、デジカメを持参し、長崎港の松が枝岸壁に寄港するクルーズ客船を撮影しているが、7月下旬から8月上旬にかけてはシャッターを切る機会が減った。アップしている写真は、8月9日に寄港したマジェスティック・プリンセス(14万3000㌧、全長330m、乗客乗員約4,900人)、14日はコスタ・セレーナなど、8月は23隻のクルーズ客船が入港予定となっている。

2018年8月13日(月)「六兵衛茶屋のろくべい」!

真夏日・猛暑日が続くなか、議員だよりの配布もお盆までにはほぼ終了、広島・長崎市の原爆犠牲者慰霊祭への参加、原爆関連の平和集会等への参加等、多忙な日々が続くなかお盆を迎えた。昨日(12日)は、昼前から実家の雲仙市南串山町へ車を走らせ、久方ぶりのお墓参りと初盆参りを済ませた。雲仙市に向かう途中、諫早から愛野までは交通渋滞に遭遇、昼食は千々石町「六兵衛茶屋」に立ち寄り、昔懐かしい「ろくべい定食」を注文し美味しく食した。六兵衛の由来は、今から約220年前の島原普賢岳大噴火により、大飢饉にみまわれた際、島原の名主「六兵衛さん」が考案したものといわれている。サツマイモを輪切りにし、天日干しの「コッパ」を粉にして、水を加えて練り上げた、うどんやそばと違い、丸い棒状で短く茶色っぽいもの。戦時戦後の食糧難の非常食となっていたそうで、時代の流れとともに今では家庭で作られる機会も、ほぼ皆無に近いと思われる。