井上重久公式HP TOP フェイスブック プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2017年11月30日(木)「交流拠点施設提案書の概要」!

長崎市議会定例会は1127日開会、本会議で田上市長より「(仮称)長崎市交流拠点施設整備・運営事業優先交渉権者事業提案書」の概要について、報告があったのでその概要を掲載する。11月議会では所管事項調査として環境経済常任委員会で説明が行われ、来年の2月議会(予算審査)で可否が決定される予定となっている。基本方針は、長い鎖国の間も西欧と日本をつなぐ唯一の窓口だった出島の歴史、そして世界に発信し続けてきた長崎の歴史を活かし、新たな結節点としての「DEJIMA」を創出する。実施体制は、コンベンション施設の運営やPFI事業実施の豊富な企業の9社、民間収益施設(ホテル、駐車場、オフィススペース含む)は地元企業を主体とした3社、応募グループは全体で14社の体制となっている。

MAICE事業における主な諸室構成は、コンベンションホール(2階)平土間2,720㎡(3分割可)、イベント展示ホール(1階)平土間3,840㎡(2分割可)、会議室(12階)大中小25室延べ2,260㎡、ぺデストリアンデッキ(駅側から施設2階をつなぐ)などとなっている。事業費は1469,9556,000円(予定価147億円)、固定納付金年間100万円6年目以降1,500万円(変動納付金はMICE事業者の年間の純利益50%)、独立採算で会議施設の運営実績が豊富なPCOによる運営ノウハウと施設の特性を踏まえたイベント創出により、年間の想定開催件数775件の61万人の利用者を見込んでいる。

誘致の基本方針は、閣僚会議、国際機関会議、開催意義がある平和、世界遺産、海洋関連の会議、市民が集う催事、イベント、物産展など想定している。民間収益事業は、MICE施設との一体的な複合開発による「交流と賑わいの拠点」を実現し、長崎市と定期借地権設定契約を締結して地元企業が中心となった高級ホテル事業(述床面積20,000㎡、客室200室、フルサービス型)やビジネスセンター(オフィススペース含む)、駐車場などの事業を行う。定期借地料年間約5,600万円とし、地元企業の参画・受注や地元からの雇用促進と人材育成等を推進する提案となっている。なお、この交流拠点施設のこれまでの検討状況や提案書の内容については、市民への周知・理解不足が懸念されるので、行政の丁寧な説明、慎重な対応が求められる。

2017年11月29日(水)長崎市議会「開会・行政報告」!

平成29年第5回長崎市議会定例会は、1127日開会し1214日までの18日間の日程で開催される。主な補正予算は、がんばらんば長崎市応援寄付推進費15,892万円、障害者施設福祉費における就労継続支援費(12,370万円)・放課後等デイサービス給付費(12,370万円)など約4億円、外海子ども博物館を改修する費用として5,180万円、平成28年度決算剰余金の一部を財政調整基金に10792万円を積み立てるなど一般会計補正に約216000万円、介護保険事業など特別会計補正に約54,789万円、公営企業会計補正に126万円など総額約27928万円が計上された。条例改正では、長崎市企業立地の促進による産業集積の形成及び活性化のための固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正、世界文化遺産候補である「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産が存する外海地区における景観の保護を図る景観条例の一部を改正する条例等、人事1件、予算9件、条例9件、その他12件、報告1件の合計32件が上程された。

開会冒頭、行政報告のなかで田上市長は、特定戦略として「交流の産業化」による長崎創生を目指し、長崎が交流により発展していくためには新たな交流拠点施設の必要性、平成23年度11月議会においてコンベンション施設設置アクションチームの検討結果報告から現在までのMICE施設・交流拠点施設に関する議会での検討経過、長崎MICE誘致推進協議会などの民間の取り組み、九電工グループ(構成企業14社、うち市内企業7社)を優先交渉権者の決定について、(仮称)長崎市交流拠点施設整備・運営事業、優先交渉権者事業提案書概要など「交流拠点施設の検討状況について」の報告があった。計画では、複合施設のうちMICE施設は「公設民営」、隣接するホテルは「民設民営」で整備するとしている。市が委託業者の公募に応じた唯一の企業グループと優先交渉する方針を決めたことに対し、議員からは選定過程での競争性や透明性についてなど質疑が行われ、田上市長は「企業グループの提案は施設の年間利用者を61万人と試算、交流人口拡大や地域経済活性化など事業目的を十分理解している。民間収益施設にはNBC長崎放送が本社移転を検討している」と述べた。

2017年11月28日(火)「クリーン作戦in稲佐山」!

長崎市西公民館区青少年育成協連絡会議は、11月26日(日)11時から稲佐山公園噴水前広場において約320名が参加して「クリーン作戦in稲佐山」を開催した。このクリーン作戦は、長崎のシンボルである稲佐山の自然環境を守り、ペットボトル・空き缶等の資源の再利用をはかる事を体験学習する目的で、平成12年度から実施され今回で18回目を迎えた。参加校区は、6中学校区育成協(式見中、福田中、西泊中、丸尾中、小江原中、淵中)、稲佐小学校区育成協のメンバーで、各育成協単位で定められた集合場所から、稲佐山登山道周辺の空き缶等を拾いながら登山し噴水前広場に集合した。福田育成協からは役員・保護者含めて52名が参加した。

福田中学校育成協は、8時50分にダイレックス前に集合し、参加者の確認や登山にあたっての諸注意を行ない、小雨模様のなか大浜側から稲佐山中腹駐車場を目指し出発した。稲佐山登山の遊歩道は、大雨の影響やイノシシのエサ取りなどで石ころが散乱し、歩きにくい状況のなかでの登山となった。開会式では、里見会長(小江原中育成協会長)より「クリーン作戦の趣旨やごみを拾うことより捨てないことに心がけよう。各育成協役員・学校の先生のサポートでイベントが開催出来たことに対する感謝とお礼」の挨拶があった。当日は降雨の予報もあり、スケジュールを変更し各育成協の活動PRを行い、全体レクレーションは中止となった。登山・下山にそれぞれ約1時間歩いたため、帰宅後は日頃の運動不足を痛感した。