井上重久公式HP TOP プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2019年10月31日(木)「全国市議会議長会研究フォーラム」!

全国市議会議長会は、10月30日(水)から31日(木)にかけて高知ぢばさんセンターにおいて全国自治体から市議会議員ら約2,000人が集い「全国市議会議長会研究フォーラム」を開催した。第一日目(30日)は13時開会、主催者を代表して野尻哲雄全国議長会会長より「地方分権改革の進展に伴い、市議会の役割と責任が高まるなか、継続的な自己改革に取り組み議会の魅力を高め、住民の信頼を確保する必要がある。社会経済の急速な変化のなか、多様化する民意の市政への反映と集約が期待される」、高知市議会議長・高知市長より「様々な課題があるなか、研究フォーラムの討論や意見交換の中から解決のヒントを見出してほしい」との歓迎の挨拶があった。

第1部基調講演では、「現代政治のマトリクスーリベラル保守という可能性」のテーマで、中島岳志氏(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授)より講演があった。講演の概要は、田中・大平・小泉・安倍政権について、政治は配分をめぐる軸(税金の使い方)、価値観をめぐる軸(サービスの充実)のマトリクスを図で示し、自民党政権の50年の対立軸と希望の党は何を目指していたのか分からず失敗、2017年10月の立憲民主党はフィーバーしたが、2018年8月以降支持率は急落した。野党に求める「寛容」としてのリベラル,保守は集団的経験知、良識、伝統、慣習など大切なものを守る。人間は間違いを起こしやすいもので、過去から相続した歴史的財産に対する微調整が「保守するための改革」との考えが述べられた。

2019年10月30日(水)「クルーズ船ダブル寄港」!

9月議会において「長崎港の港を生かしたまちづくりについて」一般質問を行い、それに関係する松が枝国際観光船埠頭2バース化への取り組み、クルーズ船増加対策について一部概要を掲載する。2バース化は、平成26年7月国の交通政策審議会での承認後から、港湾管理者である長崎県により事業への協力が必要となる地権者に対して、計画の概要等の説明を行っている。平成29年度から県と合同で取り組んでいる、整備される岸壁背後地の整備構想の策定の中においても、地権者や関係者の皆様に現状説明や、今後の土地利用に対する意向調査などを行い、背後地整備への理解を深めてきた。長崎市はこれまで関係団体と連携し国などに対し要望活動を続け、今年度の国土交通省予算に2バース化に向けた事業化検証調査費が計上された。松が枝国際観光船埠頭の2バース化は、将来の長崎市にとって地域経済の活性化に大きく寄与できるものである。

平成28年2月29日の一般質問では、2バース化に向けた整備計画の中で、地権者、整備区域の民間企業及び港湾関係者等への対話活動を要請、まちづくり計画は長崎市が担うものであり、事業化に向けた動きなどの情報提供や、説明をしっかり対応することを要請した。2バース化の課題は、国から①出島・松ケ枝岸壁の有効活用を図ること既存施設の有効活用(ダブル寄港)、②港内航行の安全確保等が求められていた。既存施設の有効活用について、県はクルーズ船増加対策として、水辺の森公園出島岸壁にクルーズ船停泊回数を増やす方針を示している。出島岸壁には、7万トン級のクルーズ船が係留できるようになったが、ここ数年の寄港実績を調べてみると、平成27年は4回、平成28年は8回、平成29年は9回、平成30年は8回、令和元年は9回の寄港が予定されている。出島岸壁に係留できない課題(出入国検査、船内検査、ターミナルが遠い等)を検証し改善を図り、地域経済の活性化、消費拡大に繋げてほしいことを強く求めた。

2019年10月29日(火)「井上重久だよりNo54」発行!

長崎市議会は920日閉会、令和元年第4回長崎市議会定例会(9月議会)の主な内容を編集していた「井上重久だよりNO54」を発行した。議会終了後は、毎回「井上重久だより」を発行していますが、原稿の作成段階でどのような記事を載せるか、写真撮影などいつも悩みながらの編集を行っている。No54の表紙は、令和3427日(2021年)に長崎開港450周年を迎えるなかで、記念事業実行委員会が設立され、記念事業への対応、海洋利用の視点から新たな関連産業の育成・創出に向けた契機に!2Pは補正予算の主な内容、3P21回目の市政一般質問の要旨、4Pは活動の備忘録(8月~10月)と防災対策特別委員会の行政調査報告などを掲載している。

編集後記には、1124日に長崎を訪れるフランシスコローマ法王のビッグNでの大規模なミサについて、930日「福田小学校区コミュニティ連絡協議会設立総会」を掲載した。議会閉会後は、防災対策特別委員会の行政視察、長崎くんちや地域の里くんち、各種行事・イベント、議員だよりの編集・発行など、多忙な日々が続いている。部屋の中は、いつもの如く議会資料等が散乱し、片付け・処分しなければと思いつつ、支援団体・労組への議員だよりの区分け作業や配布など準備をしている。しかし今週は全国市議会議長会フォーラムに参加のため一時中断となり、気持ちばかりが焦っている。「井上重久だより」は、ホームページ「議員だより」よりアクセス出来ますのでご覧下さい。