井上重久公式HP TOP フェイスブック プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2018年8月7日(火)被爆から73年「広島原爆の日」!

広島は8月6日(月)被爆から73年を迎え、午前8時から平和記念公園で「平成30年広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式広島平和記念式」が執り行われ、私たち核兵器廃絶長崎市議会議員連盟のメンバー6名も参列した。長崎市議会は、平成28年3月に議員連盟を設立し、広島・長崎市の両市が連携を図り、核兵器廃絶に向けた取り組みの一つとして広島を訪問した。当日は、午前7時20分までに「来賓受付」を済ませなければならず、交通規制や混雑を避けるため7時ホテルを出発、式典会場には早朝から多くの人が訪れていた。参列者は約5万人、85ヵ国の海外代表、被爆者や政府関係者、遺族代表並びに市民団体らが犠牲者のご冥福を祈った。この1年間で亡くなった原爆死没者は5,393人、原爆慰霊碑に納められた被爆死没者の総数は31万4,118人になった。

1945年8月6日8時15分、広島に原爆が投下された時間に合わせ、原爆犠牲者の御霊に対しご冥福を祈り黙とうを行った。広島の松井市長は平和宣言において、昨年7月に国連で採択された核兵器禁止条約の発効に向けた流れの中で国際社会が核なき世界へ対話と協調を進めるよう役割を果たしてほしいと政府に求めた。安倍首相は、この日の式典あいさつで「近年、核軍縮の進め方について、各国の考え方の違いが顕在化している」と指摘。日本政府として非核三原則を堅持し、核兵器国と非核兵器国の橋渡しに努め、国際社会の取り組みを主導すると述べた。被爆者健康手帳を持つ全国の被爆者は、2018年3月末時点で15万4,859人、被爆者の平均年齢は82.06歳、放射線の影響により心身に苦しみを抱える人々に寄り添う支援策の充実が求められる。8月9日の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典には、広島議連のメンバー6名が参列する事になっている。