井上重久公式HP TOP プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2019年9月30日(月)「長崎郷土芸能大会パレード」!

長崎郷土芸能保存協議会(中村七生会長)は、9月29日(日)10時30分から崇福寺前から浜町アーケード、観光通リ、中通リを通って市民会館まで浮流やハイヤ節などの5団体が「出演団体によるパレード」を行った。長崎郷土芸能大会は、郷土「長崎」の貴重な民俗芸能の保存と顕彰を図り、市民の皆様の伝統芸能に対する関心と理解を深める目的で開かれ、今年で44回目となる。保存協議会加盟団体は、三重地区、茂木地区、深堀地区など12地区の51団体が加盟し、今年は東長崎地区の「矢上平野浮立保存会」「中尾獅子浮立と唐子踊り保存会」、式見地区の「相川町月の輪太鼓保存会」、野母崎地区の「長崎半島樺島ハイヤ節保存会」、西浦上地区の「滑石竜踊保存会」の総勢550人が出演した。

パレードの先頭は、江戸時代の文化・文政期(1804~1830)に佐賀藩諫早領であった西彼杵郡平間村に伝えられたと言われる「矢上平野浮立」、浮立は行列浮立で江戸末期佐賀鍋島藩の参勤交代時の大名行列を模した肥前浮立系の道行き浮立のようであるとプログラムに記され、総勢217人が出演している。また、「中尾獅子浮立と唐子踊」は、獅子浮立は220年前の寛政、享和期に中尾地区に伝承され、唐子踊りは明治中期に「長崎くんち」の西浜町奉納踊りから伝承され、「唐子浮立」と合わせて独自の芸能になったと言われる。ここ数年、市民会館で披露される「長崎郷土芸能大会」に、イベント・行事が重複して見学に行けず、昨日(29日)は、午前中のパレードのみを見学した。浜町アーケード周辺には、観光客や市民らが写真を撮ったり、披露される出し物に拍手を送っていた。

2019年9月29日(日)「長崎くんち近まる」!

秋の訪れとともに、長崎くんちが近づいて来た。長崎くんちは、約380年の長い歴史を誇り、日本三大祭りの一つに数えられ、長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭として10月7日から9日の3日間、7年に一度巡ってくる踊町を中心に行なわれている。今年の踊町は、今博多町「傘鉾・本踊り」、魚の町「傘鉾・川船」、玉園町「傘鉾・獅子踊」、江戸町「傘鉾・オランダ船」、籠町「傘鉾・龍踊」の他、古町、桜町、勝山町の7カ町が担当する。6月1日の小屋入りから、諏訪神社の奉納まで約4カ月超の練習、長崎の伝統芸能を次世代に継承することや、くんちを通じて地域の活性化・絆づくりに繋がっている。長采振の笛の合図とともに根曳(ねびき)衆の勇壮な姿、銅鑼(どら)や囃子の音に合わせた龍の動き、華麗な舞の本踊りなど「晴れの舞台」に期待する。

2019年9月28日(土)「福田中学校合唱コンクール」!

長崎市立福田中学校(飯口泰介校長)は、927日(金)1255分から福田中学校体育館において保護者・自治会役員、地域の皆さんらが見守るなか「令和元年度福田中学校合唱コンコール」を開催した。所用のため開会に若干遅れたが、11組の合唱には間に合った。課題曲は1年生「大切のもの」、2年生「COSMOS」、3年生「あなたへ」で、日頃の練習の成果が十分に発揮できた混声合唱が披露された。ピアノ伴奏に合わせて、力強く歌う中学生、一人ひとりの声がクラスの歌声となって、会場内に響き渡り大きな拍手が送られていた。合唱コンクールは、一人一人が主役、お互いに協調性を保ち各クラスの特徴が出ていた。公務のため3年生の合唱は聞くことが出来ず、途中退席となった。