井上重久公式HP TOP フェイスブック プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2018年3月26日(月)福田地区「戦没者慰霊祭」!

福田地区自治会連合会(川原勇会長)は、3月25日10時から福田天満宮において各地区自治会長・遺族会、民生委員・関係者らが出席するなか「福田地区戦没者慰霊祭」が執り行われた。慰霊祭では、自治会代表及び遺族代表から献灯が行なわれ、その後、主催者より「終戦から72年を経て尊い命を捧げた事は忘れえぬ、深い悲しみ・苦しみを乗り越え生きぬいてきた。尊い犠牲の上に立って、今日の発展がある事を後世に引き継がねばならない」、来賓より「祖国を想い・家族を守るため国難に殉じられたご遺族を想えば戦争を繰り返してはならない。戦争の悲惨さと平和の尊さを語り継がねばならない」との追悼の言葉が述べられた。

福田地区の戦没者は約180名、原爆被災者等35名で合計215名の御霊が祭られている。私も人類の平和と幸せを願いながら玉串奉天を行った。当初、慰霊碑は、福田丸木地区の墓所前に建てられていたそうですが、約40年前に福田天満宮の境内に移転され、春季大祭と併せて毎年3月25日に慰霊祭が執り行われている。福田天満宮の桜(ソメイヨシノ)はほぼ満開に開花、朝夕はまだ少し肌寒さを感じますが、絶好の花見日和となっていた。昨日(25日)は、9時から同社殿において「福田天満宮春季大祭」も執り行われた。また、町内では同時刻からイノシシ対策の防護柵(ワイヤーメッシュ)設置の作業が進められていたが、帰宅後、現地に向かったら既に作業は終わっていた。