井上重久公式HP TOP フェイスブック プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2017年12月17日(日)「第5回長崎市議会定例会」閉会!

平成29年第5回長崎市議会定例会は、11月27日から12月14日までの18日間の日程で開催された。補正予算の概要は、一般会計の平成28年度決算剰余金を積み立てる財政調整基金(10億792万円)、がんばらんば長崎市応援寄付推進費(1億5,892万円、障害者施設福祉費における就労継続支援費(1億2,370万円)など一般会計補正予算24億5,851万円や、介護保険事業など特別会計補正予算6億2,913万3千円、公営企業会計補正予算1.485万円の総額31億250万2千円を承認した。条例改正では、長崎市企業立地の促進による産業集積の形成及び活性化のための固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正、世界文化遺産候補である「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産が存する外海地区における景観の保護を図る景観条例の一部を改正する条例など可決・同意した。

しかしながら、市長直属の組織である秘書課を総務部へ、広報広聴課を企画財政部へ移管する組織改正の「長崎市事務分掌条例の一部を改正する条例」は否決され、「長崎市の小島養生所等遺跡の完全保存に関する住民投票条例について」も、議長を除く記名投票の結果、賛成7、反対31で条例案を否決した。日本初の西洋式近代病院「小島養生所」遺構の保存問題で、現地で新たな関連遺構が発見されたため追加の調査結果を待つべきとしていた、学校建設を始める議案を継続審査としていた「工事の請負契約の締結について(仁田佐古小学校建設特殊基礎工事)」については可決した。琴海地区防災行政無線戸別受信機の撤去に反対する請願について、長崎市社会福祉会館の早期建替えを求める請願についてはいずれも採択した。議員提出の核兵器禁止条約の署名・批准を求める意見書、第92号議案「「工事の請負契約の締結について(仁田佐古小学校建設特殊基礎工事)」に対する附帯決議についても承認した。