井上重久公式HP TOP プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2019年8月31日(土)「高木義明旭日大綬章受章を祝う会」!

三菱協議会(津村正男会長)は、829日グランドプリンス高輪(東京港区)において三菱協議会第35回議員団会議終了後、18時より同会場B!プリンスルームで「高木義明(前衆議院議員)旭日大綬章受章を祝う会」を開催した。同会場には、三菱協議会関係者、政党・行政関係者、連合・基幹労連等労組関係者ら300名超が集い叙勲受章の祝う会が開かれた。神田健一(基幹労連中央執行委員長)、津村正男(三菱協議会長)、西岡秀子(衆議院議員)の3名の発起人より「永年にわたり働く者の代表として国政の場においてご尽力を賜わった。叙勲受賞は私たちにとっても名誉なことであり誇りに思う」、「地方。国政42年間、県政・地域活性化のため寄与された。働く者の立場から政策集団のリーダーとしてお世話になった」など、お祝いの言葉が述べられた。

高木義明氏は、昭和50年から長崎市議会議員に連続3期当選、その後、県議1期、平成22月衆議院議員に初当選、平成26129回目の当選を果たし927年間、石炭対策特別委員会委員長、農林水産委員会委員長、文部科学大臣、議員運営委員会委員長等を歴任し、永年にわたる国政・県政発展のご功績が認められ、平成30年秋の叙勲に際し「旭日大綬章」を受章された。これは私たちにとっても非常に喜ばしく名誉なことである。高木義明氏より「927年間微力ながらわが国の発展と地元長崎の振興に取り組ませて頂いた。旭日大綬章受章は身に余るものであり、皆様方の長年にわたるご支援の賜物である」との感謝の言葉が述べられた。最後に、労働組合を代表して神津連合会長よりお祝いの言葉が述べられ幕を閉じた。市議会議員から地方政治に関わり、国会議員を勇退するまでの42年間、長い間本当にご苦労様でした。

2019年8月30日(金)「三菱協議会議員団会議」!

三菱協議会(津村正男会長)は、829(木)15時からグランドプリンス高輪クラウンルーム(東京港区)において三菱協議会協議委員・本部派遣役員、三菱協議会全国総会委員(支部執行委員長)、組織内議員ら約100名が出席して「三菱協議会第35回議員団会議」を開催した。この協議会は、三菱重工労働組合、三菱自動車工業労働組合、三菱ふそう労働組合、キャタピラージャパン労働組合で構成し、構成組合の緊密な連携と強固な団結により、民主的労働運動の発展に寄与することを目的として、労働条件の維持・改善、政治活動の推進などの事業を行なっている。開会冒頭、津村会長より「統一地方選挙は完勝とならなかったが、働く者の声を反映し安心・安全なまちづくりに努めてほしい」との挨拶があった。

の後、議事に入り第19回統一地方選挙並びに中間地方選挙結果報告、三菱協議会の推薦基準に基づき愛知県の小牧市議会議員候補に「野々川嘉則氏(54歳)」を、岡崎市議会議員候補に「佐藤哲郎氏(50歳)」を擁立し、必勝に向けた活動を確認した。特別講演では、「統一地方選挙・参議銀選挙後の政治展望」とのテーマのもと、与良正男氏から(毎日新聞・専門編集委員)「新聞記者として入社から38年、30年間の政治分野の担当記者の経験を通じて、自民党政権、民主党政権の流れについて、10年前の2009830日の総選挙によって二大政党政治が出来たが、参議院選挙の結果を踏まえ政権交代可能な状況にないなど」聴講した。時間の都合で関連するものは別途掲載する。

2019年8月29日(木)「連合長崎地協第4回政策連絡会」!

長崎市・西海市・時津町・長与町友好議員団と連合長崎地域協議会は、さる826日(月)1815分から勤労福祉会館において「2019年度第4回政策連絡会」を開催した。この政策連絡会では、地域における政策制度実現に向けて、連合長崎友好議員団との連携・強化を図り、意見書等の採択へ向けた取り組みを進め、定期的に政策制度に関わる取り組み・活動報告等を行なっている。開会冒頭、宮崎連合長崎会長が出席し「連合長崎地協においては統一地方選挙で組織内候補者の完全勝利を果たした。政策制度の実現に向けて今後ともバックアップを願う。参議院選挙は惜敗したが、次なる戦いに備え地方議員を増やす努力をしよう」、酒井議長より「参議院選挙の総括を次の選挙に活かして行こう」との挨拶があった。その後、市議会・町議会の一般質問について、上程議案の説明、請願・陳情の取り扱いなど意見交換をおこなった。