井上重久公式HP TOP フェイスブック プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2019年2月28日(木)「当初予算案の主な事業(その2)」!

前日に引き続き、平成31年度一般会計当初予算の主な事業費を掲載する。先ず、地場企業の活性化関係では、商店街等の機能向上を図るためアーケード等の共同施設や共同設備等を整備する商店街賑わい整備事業費補助金1,9168千円、がんばらんば長崎市応援寄付推進費64,9004千円、ものづくり企業の技能の伝承や製造技術の高度化を図るものづくり支援費2,3676千円、若年者の地元就職を促進する若年者雇用促進費1,8166千円、企業立地推進費64,9233千円など。農林業分野では、専門業者への有害鳥獣対策相談等委託や農業及び生活環境への被害防止対策として有害鳥獣対策費8,5704千円、農業振興を図る担い手農家支援施設整備費9,598万円、新たな担い手の育成と営農定着及び遊休農地の活用を促進する農家新規参入促進施設整備費2,750万円など。

水産業分野では、経営安定化を図る新水産業経営力強化事業費1,0901千円、たちばな漁港護岸改良(戸石島の前地区)施設整備費など7,290万円、車両の海中転落事故防止を図る水産業強化支援費1,500万円、漁港施設の補修及び改良費2,000万円など。自然災害分野では、がけ崩れ等による災害防止を図る急傾斜地崩壊対策費13,400万円、防災行政無線をアナログ方式からデジタル方式へ更新整備費233495千円など。消防関係では、総合消防情報システム更新整備費43,440万円、消防ポンプ自動車整備ほか8,550万円など。居住環境関係では、住宅の居住環境改善や若手技能者の育成と技術の継承を目的とした、ながさき住みよ家リフォーム補助金9,7566千円、住宅性能向上リフォーム補助金3,0067千円、矢上団地ほか既設公営住宅改善事業費48,580万円など計上されている。

2019年2月27日(水)「当初予算案の主な事業(その1)」!

長崎市議会は昨日(26日)から一般質問が始まり、4日間で15人が登壇することになっている。本日は、平成31年度一般会計当初予算の主な事業費を掲載する。先ず、世界遺産関係では、産業革命遺産の構成資産を適切に保存管理する端島炭鉱の調査・整備費などに7,4819千円、キリシタン関連遺産の調査・整備費に4,7758千円、世界遺産観光客受入費4,6764千円、文化財保存整備事業では旧長崎英国領事館の保存修理・耐震補強費に4億円、旧グラバー住宅の耐震補強を含めた保存修理工事費19,700万円など。「ながさき移住ウェルカムプラザ」を長崎駅近くに開設し専任の相談員を配置する推進費4,9328千円、民間企業等で一定の勤務経験がある者を長崎市職員として採用する「UIJターン職員採用試験費」1532千円が新規事業として計上されている。

また、「現長崎港夜間景観向上基本計画」に基づき、夜景景観づくり及び夜景みがきの夜間景観整備費に17,110万円、園路などの景観整備・舗装など南山手地区2,120万円、まちなか地区4,380万円、平和公園地区1520万円、稲佐山公園3,800万円、唐人屋敷地区1,070万円の景観まちづくり刷新事業費など。交流の産業化分野では、長崎市版DMO推進費8,0808千円、交流人口の拡大による地域経済の活性化を図る(仮称)長崎市交流拠点施設整備費に222,744万円、長崎ランタンフェスティバル事業共催費負担金9,6144千円、長崎帆船まつり事業共催費負担金4,000万円など。長崎駅周辺関係では、九州新幹線西九州ルート建設事業費負担金39,400万円、土地区画整理事業費22億4,680万円、長崎駅周辺地区の幹線道路整備費に11,280万円、JR長崎本線連続立体交差事業費に229,3123千円など上がっている。

2019年2月26日(火)「国民民主党長崎県連第2回定期大会」!

国民民主党長崎県総支部連合会(高木義明代表)は、224日(日)15時からザ・ホテル長崎BWプレミアコレクションにおいて役員や労組関係者、党員・サポーターら約250人が出席し「国民民主党長崎県総支部連合会第2回定期大会」を開催した。開会冒頭、高木県連代表より「天皇即位30周年記念式典を迎え、県議候補の事務所開きも行われ、決選の時を迎えている。県議選6人、市議選9人(長崎市5、佐世保市4)、町議選(長与2、時津1)3人の合計18人の公認・推薦候補者必勝に向けて、大会を機に盛り上げを図り勝ち抜こう。国政では毎月勤労統計の不正問題も論議され、国民のいら立ちや不満の受け皿となり、巨大与党に対抗できる大きなかたまりをつくる役割がある。あきらめずに活動を続ければ報われる」、来賓挨拶では連合長崎宮崎辰弥会長より「これまでと同じやり方の選挙戦では厳しい。一工夫加えて戦う必要がある」との挨拶があった。

定期大会の報告事項では、2018年度活動報告・決算報告、会計監査報告があり承認され、審議事項では2019年統一地方選挙第25回参議院議員選挙、県連政策課題、党組織の強化と活動の取り組みなどの2019年度活動方針案、予算案、役員案が提案され満場一致確認された。役員改選では、県連代表に引き続き「高木義明氏」、代表代行に「西岡秀子衆議員」、幹事長に「渡辺敏勝県議」がそれぞれ再任された。「統一地方選と参院選に勝利し党の躍進を図ろう!」を合言葉に、「つくろう、新しい答え」をキャッチフレーズに、単なる否定や批判ではなく、未来につながる新しい解決策を示していく。国民民主党が今やらなければならないことは、一つは政府の政策を厳しく監視すること、もう一つは自民党に代わって政権を担うもう一つの選択肢になること。再び長崎から新しい時代を拓くため、力をあわせ、心をあわせて、ともに頑張ることを誓い合い大会アピールを採択した。大会終了後、同会場で候補者の激励会が開催された。