井上重久公式HP TOP プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2019年1月31日(木)「長崎地本政治活動委員会第37回総会」!

三菱重工グループ労働組合連合会長崎地区本部政治活動委員会は、129日(火)1830分から長崎地本労働会館において代議員77名が出席して「長崎地本政治活動委員会第37回総会」を開催した。政治活動委員会は、長船支部の政治活動の目的達成に向け、財政対策や政策制度の立案・検討、組合員に対する意識高揚の取り組みなどを活動の軸として、昭和535月に設置された。各級議会に組織内議員を送り「政策制度の要求・実現」のなかから政治的・社会的地位と国民生活の向上を図る取り組み展開し、安全で明るい地域社会の構築、産業・企業の発展に寄与してきた。長崎地本の組織内議員は、現在10体制(県議1、市議6、町議3)で生活相談室議員団として、地域の苦情対応や政策制度の実現に向けてなど活動を進めている。

来賓挨拶では、生活相談室長の渡辺県議が公務出張のため、私が生活相談室を代表して挨拶を行った。本年は4月の統一地方選挙及び7月の参議院選挙と政治決戦の時を迎えた。今回の戦いは、組織人員の大幅減少に伴い、ブロック組織の見直しが行われ、渡辺県議、馬場市議、分部町議の3名が勇退する。渡辺県議の後任に「中村泰輔さん」、分部町議の後任に「西田健さん」を擁立し、長崎市議会議員は5名から4名体制で戦うことになった。長崎市近郊の課題は、少子・高齢化が急速に進展するなか人口減少・定住人口減少問題、雇用対策・地域経済活性化策など山積している。今後、多額の財源が必要な大型事業の整備や、地域の力を引き出す新たなまちづくりに向け、十分な議論や議会としてのチェック機能を果たし、皆様が納めた税金が有効に活用されるよう注力して行く。そのためにも、組織内候補者全員の当選を果たし、参議院選挙に繋げて行きたいとの挨拶を行った。

議案審議では、第36期一般経過報告、決算報告ならびに会計監査報告、審議事項は第37期(平成31年度)活動方針案の件、第37期(平成31年度)予算案の件、第37期・38期役員案が提案され、それぞれ満場一致確認された。活動方針の概要は、統一地方選挙における組織兄候補者・推薦候補者全員の完全勝利と基幹労連推薦候補者全国比例区「田中ひさや」氏、連合長崎推薦候補者「白川あゆみ」氏の勝利に向け、長崎地本の方針に沿って取り組みを進める。具体的には、政策実現行動、国民民主党への対応、政治講演会・学習会の開催、研修会、他場所調査への派遣など確認した。第37期・38期役員は、永石正司会長、副会長3名、事務局長1名、常任理事8名、会計監査3名の体制で新たに活動をスタートした。

2019年1月30日(水)「崎陽交友会新年会」!

崎陽交友会(金谷繁臣会長)は、128日(月)18時からガーデンテラス長崎ホテル&リゾートにおいて長崎市議会議員(3期以上)・議員OBらが集い「崎陽交友会新年会」を開催した。崎陽交友会員は現在51人(顧問3人、OB会員24人、現職市議18人、現職県議6人)で構成され、年2回親睦交流会を開催している。冒頭、金谷会長より「平成15年から新年親睦会を開催している。今年は正月早々MHPSがニューイヤー駅伝で準優勝し明るい話題を提供し感動を受けた。世界新三大夜景を観ながら交流を深め、この1年がご健勝でご多幸を祈る」、顧問の田上市長・五輪議長からそれぞれ挨拶があった。また、緒方冨昭氏30年秋の叙勲受章に対し、金谷会長より祝金贈呈が行われた。その後、稲佐山中腹からの夜景を観ながら、盃を酌み交わし親睦交流を図った。

2019年1月29日(火)「青行会議発会式・長崎友愛会新年親睦会」!

統一地方選挙投票日まで3ヶ月をきるなか、さる1月25日三菱G労連長崎地区本部労働会館において17時30分から三菱G労連長崎地本ヤングミートによる「青行会議発会式」が執り行われた。選挙前・本番中には、街宣隊、行動隊、設営隊など私たちの選挙を先頭に立って支えてくれる。若者の持つ行動力やパワーは候補者にとっても、強い味方となって私も元気をもらう機会となる。40数年前の深堀寮にお世話になっていた頃、当時の山口寮長が市議会議員選挙に出馬することになり、名称は変わっているものの青年行動隊の隊長として、仲間とともに選挙に関わって来た。それから40年、造船現場で働きながら組合活動に関与し、組織内候補者として4回目の戦いに臨むことになった。必勝を期すためにも、組織の代表・地域の代表として頑張る必要がある。

次に、同日18時30分から同会館において「久保工業労組第63回定期大会」に出席し、同盟路線の労働組合としては三菱G労連長崎地区本部より10年も早い伝統ある大会で挨拶をさせて頂き、日頃のお礼と市議会議員選挙にあたっての決意を述べた。ちなみに選挙事務所は、1回目の戦いから今回の戦いの拠点となる久保工業労組の事務所を借用することになっている。また、定期大会の来賓挨拶が済んだ後、サンプリエールで開催されている「長崎友愛会新年親睦会」に合流した。新年親睦会には、三菱の組織内議員団をこん日まで物資両面から支えて頂いたメンバーらが参加され、会員同士の親睦・交流が図られていた。途中、来る統一地方選挙に出馬する、県議・市議・町議予定候補者からそれぞれ自己紹介や決意の一端が述べられ必勝を誓い合った。