井上重久公式HP TOP フェイスブック プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2018年12月31日(月)「2018活動の備忘録回顧(その2)」!

福田東部地区夏祭り実行委員会(川原勇実行委員長)は、7月22日(土)16時から長崎サンセットマリーナガーデン内において多くの来賓・来場者を迎え「第23回夏祭り」を開催した。セレモニーでは川原実行委員長より「福田小学校区地域コミュニティ連絡協議会結成の準備を進めているのでご協力をお願いする。高齢社会総合対策の取り組み及び犯罪なく3(さん)ば運動推進モデル地区に指定されており、地域の見守りや安全で安心なまちをつくろう」、来賓を代表し田上市長より「ロケーションの素晴らしい場所での夏祭りは他地域では見られない。地域が一体となって地域コミュニティの活性化を図ってほしい」馬場教育長より「子ども達を地域の皆様で育ててほしい」との挨拶があった。その後、来賓者による「福まき」を行い、福田ハイヤ節保存会幟龍陣の力強い和太鼓演奏でアトラクションがスタート、福田中子ども実行委員会による「オセロゲーム」に、馬場教育長も飛び入り参加してゲームを楽しんでいた。

(仮称)福田小学校区コミュニティ連絡協議会設立準備委員会(田中洋一委員長)は、11月23日福田小学校体育館において関係団体から約60名参加のもと「第4回福田小学校区コミュニティワークショップ」を開催した。長崎市では、人口減少、少子高齢化など地域を取り巻く環境が大きく変わるなか、これからも暮らしやすいまちにしていくために、地域コミュニティのしくみづくりなどを進めている。福田小学校区においても準備委員会を立ち上げ、福田地区の「まちづくり計画書の策定」に向け、10月21日に開催した福田4地区(大浜、小浦、福田本町、小江地区)のまち歩きで「大切にしたいところ」、「心配なところ」など、各グループで出た意見をそれぞれ振り返り、福田の全体目標についてみんなで考えた。「10年後の福田の目指す姿(キャッチコピー)を考えよう!」では、老いも若きも手をつなぎ未来へはばたく福田(~福いっぱい福のまち~)、海だ!山だ!福だ!(歴史と自然のまち)など多岐にわたるキャッチコピーが出ている。

平成30年第4回定例会(11月議会)の環境経済委員会では、市民グループから提出された「長崎市の交流拠点施設(MICE)建設の凍結に関する住民投票条例について」、請求代表者の意見陳述、参考人への質疑、理事者からの説明・理事者への質疑を行い、賛成4、反対5の反対多数で否決、本会議においても、議長を除く記名投票の結果、賛成12、反対25の反対多数で否決した。長崎市では、この2年半の間に住民投票を求める直接請求が5回もあった。それぞれの立場での考えや市民がふるさとの将来を思う署名数を重く受け止め、議会活動のなかで反映して行きたい。1年が過ぎ去るものは早いもので大晦日を迎え、ホームページ「活動の備忘録」は、行政の動きや活動報告、行事参加・調査活動、生活の中で感じた事等々をデジタルカメラで撮影し、継続掲載する難しさを痛感しながらアップ出来た。誤字・脱字もありましたが、皆様には1年間大変お世話になりました。新年が良い年でありますようご祈念申し上げます。

2018年12月30日(日)「2018活動の備忘録回顧(その1)」!

長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)は、1月13日長崎原爆資料館ホールにおいて約300名が参加してICANノーベル平和賞受賞記念特別市民セミナー「核兵器禁止条約をどう活かすか?」を開催した。主催者より「国際NGO核兵器廃絶国際キャンペーン(IKAN)がノーベル平和賞を受賞したのを機会に、長崎大学はICAN事務局長のベアトリス・フィン氏を長崎に招聘した。ICANベアトリス・フィン事務局長より「昨年7月に国連で採択された核兵器禁止条約について、日本は核軍縮のリーダーでなければならず、まずこの条約に参加しなければならない。被爆地の長崎・広島で起きたような人類最悪の行為が、他の地で繰り返されてもいいと考えているのか。その上で、被爆地の価値観と日本政府の政策には大きな溝があるとし、ギャップを埋めなければならない。国民の声をひとつにして訴えれば、政府は無視できない」など特別セミナーで見解を示した。

長崎市議会は6月26日、教育厚生委員会の給食センター建設に向けた土地調査業務費の計画変更、交流拠点施設(MICE)を含む整備事業費71億2,240万円の補正予算案などを賛成26、反対11、退席1の賛成多数で可決した。交流拠点施設は、総事業費約216億円で開業目標は平成33年11月供用、3,000人規模の学会や大会に対応できるコンベンションホールやイベント・展示ホールなどを備える。20年契約の「公設民営」で、建設・運営は九電工や地場企業でなどでつくるグループが担い、年間のMICE開催件数775件、利用者数61万人、経済波及効果は114億円と試算している。交流拠点施設整備は、交流人口拡大に繋がる、一つの起爆剤となり民間運営事業者のノウハウに大きく期待する。また、ジャパネットのスタジアム建設計画は、大きな夢と希望がもてるもので、国内だけでなく世界的にも大きな発信力・インパクトがあり、お互いにアイデアを出し合い、補完・相乗効果などで地域活性化を図る必要がある。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)第42回世界遺産委員会は、6月30日「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産(長崎、熊本の12資産)」の世界文化遺産登録を決定した。登録を巡っては、政府が2015年1月、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を推薦したが、イコモスから「禁教期に焦点を当てるべき」と指摘され、推薦を取り下げていた。県は国内で初めてイコモスとアドバイザー契約を結び、正式な支援・助言を受けて潜伏キリシタン遺産と内容を見直し、あらためて昨年2月に推薦していた。国内の世界遺産は22件目(文化遺産18、自然遺産4)で、県内では「明治日本の産業革命遺産」に続き2件目の登録決定となった。観光振興や地域への活性化が期待されるが、「祈りの場・生活空間の確保」、「観光客へのマナー周知」、「受入体制」、「保存のしくみ」など課題もあり、構成資産になっている離島や半島部の過疎集落を含め、「人類の宝、長崎の宝」として現状を維持し、次世代に引き継ぐための保全・保護策など方向性を示す必要がある。

2018年12月29日(土)「年末街頭演説・仕事納め会」!

国民民主党長崎県第一区総支部(西岡秀子代表)は、1228日(金)7時より三菱重工長崎造船所のお膝元である水ノ浦地区において、西岡秀子衆議員、渡辺敏勝県議、馬場尚之市議、私の4人で年末にあたっての街頭演説を行った。いつもより早めに起きて、労働会館へ出向いたが街宣車はバッテリーがあがり、エンジンは動かず、急きょハンドマイクでの対応となった。昨年の総選挙の結果、民主党・希望の党は離合集散し、本年57日に「自由」「共生」「未来への投資」を基本理念とし、国民が主役の改革中道政党の「国民民主党」が誕生した。それに伴い、本県地方組織となる「国民民主党長崎県連・総支部」も発足し活動を進めて来た。街頭演説では、今年一年間を振り返り国会・県議会・市議会の動きなどについて街頭から訴えた。

次に、三菱重工G労連長崎地区本部(酒井隆執行委員長)は、1228日(金)16時から労働会館(水の浦町)において年末恒例の「仕事納め式」を開催した。労働会館には、組合専従者・生活相談室の議員団、関連会社の代表の皆さんらも出席されていた。納会にあたり、酒井執行委員長より「商船部門は新たな体制で事業が進められ、タービン・ボイラー工場の再編、特殊機械部門の諫早工場への集約が進められた。グループ労連地区本部も従来同様、一体感を持って活動を進めていく」との挨拶があった。その後、懇談に入り一年間の労をお互いねぎらいあった。昨日は、12時から全日本海員組合長崎支部(松本順一支部長)の「納会」、18時より香焼地区の「納会」にそれぞれ出席した。関係者の皆様、一年間大変お世話になりました。