井上重久公式HP TOP フェイスブック プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2018年9月30日(日)「台風24号の影響で・・・」!

大型で非常に強い台風24号は、9月30日昼前から昼過ぎにかけて長崎県に最接近し、西日本に接近・上陸する恐れがあるとニュースで流れている。暴風・波浪など警報も発令されるなか、陸・空・海の便の交通機関にも影響が出ている。本日、参加予定であった「第43回長崎郷土芸能大会」も台風のため中止となった。昨日(29日)は、17時過ぎに娘夫婦から夕食の誘いを受け、大村まで車を走らせバイキング形式のレストランで、孫たちと一緒に食事をとった。孫たちはしばらく見ない間に、少しずつ成長し孫娘はもうすぐ2歳の誕生日を迎える。食事をとる時もスプーンを使い食べているが、うまく取れない時は素手で料理をつかみ口の中に入れている姿が微笑ましい。今日は午前中から強い風と雨も降っており、身の回りの安全確保を含め不用な外出を控えよう。

2018年9月29日(土)「グロリー・シー」寄港!

長崎市議会9月定例会は9月21日に閉会、慌ただしい議会活動のなかでクルーズ船の撮影もついつい見逃し、9月に丸尾町岸壁からシャッターを切ったのはごくわずかとなった。写真は9月4日に松ケ枝岸壁に寄港していた「グロリー・シー」、通常長崎港で見慣れている大型客船よりも小さく、総トン数2万4,000㌧、全長180m、全幅25m、乗客乗員約1,600人のクルーズ客船となっている。昨年の長崎港への客船寄港は267回、乗客乗員数は1,052,455人と過去最高であったが、今年の寄港は9月末時点で170回(昨年202回)となり、前年から減少傾向にある。今日は大型で非常に強い台風24号が九州に近づいているので、十分な備えをする必要がある。

2018年9月28日(金)「第4回コミュニティ設立準備委員会」!

(仮称)福田小学校区コミュニティ連絡協議会設立準備委員会(田中洋一委員長)は、9月27日(木)19時から福田地区公民館において福田小学校校区内の関係団体の代表者らが参加して「(仮称)福田小学校区コミュニティ連絡協議会設立準備委員会(第4回)」を開催した。1月24日に第1回目の設立準備委員会を開催、これまでに5月26日に第1回ワークショップ(現状を知る)、8月25日に第2回ワークショップ(理想のまちを考える)を行い、今回4回目の準備委員会開催となった。この設立準備委員会は、人口減少、少子化・高齢化、一人暮らしや高齢世帯の増加など、地域を取り巻く環境が大きく変わるなか、これからも暮らしやすいまちにしていくため、まちづくり計画書を策定し、みんなで実行する協議会を設立することを目的としている。

設立準備委員会では、5つの分野ごとに「目指す姿」や「現状・問題点」、「私たちにできること」について話し合った第2回ワークショップの振り返り、10月21日に開催する第3回ワークショップ(まち歩き)のプログラム、申し込み状況、当日の役割分担、雨天時の対応などについて協議した。プログラムの内容は、9時30分に福田小学校体育館に集まり、先ずオリエンテーション(10分)を行い、その後、4グループ(大浜、小浦、本町、小江)に分かれて、まちを歩いてみて(80分)まちの魅力を体感し新たな気づきや魅力を再発見し、まち歩きの後は体育館に集まり、まち歩きで気づいた点を地図に落とし込み、「大切にしたいところ」「心配なところ」などメンバーで振り返り、グループで話し合うこととしている。