井上重久公式HP TOP フェイスブック プロフィール 議会報告 議員会報
井上重久

▼活動の備忘録

2018年5月2日(水)「第89回長崎地区メーデー」!

長崎地区の労働4団体(連合長崎地協・長崎地区労・同盟友愛連絡会・長崎県中連懇話会)などでつくる第89回長崎地区メーデー実行委員会(酒井隆実行委員長)は、5月1日(火)10時30分より出島ワーフ横三角広場において約2,800人が参加するなか「第89回長崎地区メーデー」を開催した。主催者挨拶では、酒井連合長崎地協議長より「春季生活闘争は賃金・労働条件の底上げ、未組織・非正規労働者を含む全ての働く者に賃上げの波及効果を広げ格差是正を図ろう。東日本大震災・熊本地震の被災地の復興・復旧に向け取り組みを継続・強化しよう。政治活動については働く者を軸よする政策制度の充実のため統一地方選挙・参議院選挙に必勝を期そう」、宮崎連合長崎会長より「春季生活闘争の勝利と最低賃金を引き上げ暮らしの底上げ・格差是正を図ろう。働く者の立場に立った働き方改革に全力で取り組もう」との挨拶があった。

来賓祝辞では、西岡衆議員より「衆議院選挙のお礼と連合議員フォーラム・野党の一員として、働く者の声を国政に反映する」、高木民進党県連代表より「法案に対しては対案を示し、しっかりと論議を尽くしてほしい。政権与党は責任ある説明をすべきである」、里見副知事・加藤副市長より「地場産業の振興に繋がる雇用環境の整備や産業の活性化、働きやすい職場環境づくりに努めたい」と、それぞれお祝いと連帯の挨拶があった。メーデーでは、「すべての働く者の連帯で、自由で平和な世界と希望のもてる安心で豊かな社会をつくろう!」のスローガンを採択、「地場・中小組合2018春季生活闘争を支援する特別決議」、「核兵器廃絶と恒久平和をめざす特別決議」、「メーデー宣言」などを採択し、ガンバロー三唱で働く者の意思結集を図った。